PyProxyFS

スポンサーリンク:
ソフトウェアのスクリーンショット:
PyProxyFS
ソフトウェアの詳細:
バージョン: 0.8
日付のアップロード: 11 May 15
開発者: Nic Ferrier
ライセンス: 無料
人気: 1

Rating: 0.0/5 (Total Votes: 0)

スポンサーリンク:

PyProxyFSネイティブファイルシステムを実装し、非常に簡単なテスト、メモリ内のファイルシステムを使用して、プロキシファイルシステムインタフェースです。
pyproxyfsの目的は、あなたのファイルの処理の多くを行うために使用できるファイルシステムのクラスを提供することを目的とする...しかし、それはEASIでき、LYは、特定のテストのために嘲笑されます。
代わりに開いて、os.renameを使用するのではなく、もし、あなたが組み込みTestFSクラスを使用して単純なファイルシステムを作成し、その周りのテストを記述することができることを期待することができpyproxyfs同等物を使用しos.listdir。
例えば:
デフshow_conf_files(dirtolist、ファイルシステム=なし):
  pyproxyfsからファイルシステムをインポート
 ファイルシステムのない場合:
 ファイルシステム=ファイルシステム()
 ファイル= filesystem.listdir(dirtolist)
 輸入再
  cfgpat = re.compile( "。* \のcfg $」)
  cfg_files = [ファイルにFNのためのfn場合cfgpat.match(FN)]
  cfg_filesを返します
これは、アプリケーション·コードであるかもしれません。
その後、比較的簡単にそれをテストすることができます:
デフtest_show_conf_files():
  "" "
>>> test_show_conf_files()
['a.cfg'、 'b.cfg']
"" "
  pyproxyfsからTestFSをインポート
  FS = TestFS({
  "somedir / a.cfg": ""、
  "somedir / A.TXT": ""、
  "somedir / b.cfg": ""、
  "somedir / run.py": ""
 })
 戻りshow_conf_files(「somedir」、ファイルシステム= fsの)

この要件:

このパイソン

この制限事項:

このpyproxyfsが全ファイルシステムのプロキシになるように設計されていない、それはテストするだけの簡単かつ迅速な方法です。
まだTestFSシステムへの書き込みする方法はありません。ネイティブファイルシステムは、それだけで直接開いて使用するようにカントープロキシを介して仕事を書き込みます。

同じようなソフトウェア

incron
incron

14 Apr 15

M3CCtl
M3CCtl

3 Jun 15

開発者の他のソフトウェア Nic Ferrier

django-xslt
django-xslt

11 May 15

md
md

11 May 15

へのコメント PyProxyFS

コメントが見つかりません
コメントを追加
画像をオンにする!