HttpMaster Express

スポンサーリンク:
ソフトウェアのスクリーンショット:
HttpMaster Express
ソフトウェアの詳細:
バージョン: 4.1 更新
日付のアップロード: 27 Oct 18
開発者: Borvid
ライセンス: 無料
人気: 83
サイズ: 3927 Kb

Rating: 4.0/5 (Total Votes: 2)

スポンサーリンク:


        HttpMasterは、REST WebサービスおよびAPIアプリケーション用の開発およびテストツールです。 HttpMasterは、最も一般的なREST形式を表示および検証できます。 XML、JSON、HTMLをサポートし、強力な動的パラメータ、要求の検証などの多くのプロパティもサポートしています。これらのすべてのコア機能は、他の多くのオプションとともにHttpMasterの機能を提供し、徹底したWebサービスとAPIテストを実現します。

HttpMasterプロジェクト(hmprファイル)は、httpメソッド、httpヘッダーの値、グローバルURLとクエリ文字列値、コンテンツタイプ、要求エンコーディングなどを指定するために、生成されたWeb要求を微調整するための多数のオプションを公開しています。

HttpMasterは、入力データの変化をシミュレートしたり、複数の要求にわたって再利用するためのグローバル値を作成するために使用できる動的パラメータの定義もサポートしています。

HttpMasterでは、Webリクエストを実行する際に、実行された各リクエストの完全なリクエストとレスポンスのデータを監視して確認することができます。

HttpMasterで作業する場合は、タブ、説明的なアイコン、「クイックヘルプ」ボタン、統合ヘルプファイルなどの直感的なユーザーインターフェイスを使用します。
    

このリリースの新機能:

バージョン4.1:

承認コードとアクセストークン変数を挿入するアクションボタンの新しいメニュー
リクエスト項目リスト(メインウィンドウ)の列の可視性を変更します。
ワードラップアプリケーションの設定は、ヘッダーの要求、クッキーの要求、および本文の要求にも適用されるようになりました。
テキストフィールドのアクションボタンでサポートされているアドホックワードラップの切り替え。
基本リクエストウィンドウ内のリクエストアイテムリストの幅を変更します。
多数のマイナーなユーザビリティ向上。

バージョン4.0の新機能:

バージョン4.0:

外部認証プロバイダから認証コードとアクセストークンを取得する
ステータスコードの検証による改善
検証失敗時に実行のバッチを停止する
自動インデント要求データテキストの設定
メインウィンドウで使用できる追加の実行オプション
オンラインで入手可能なドキュメンテーション

バージョン3.9.4の新機能:

バージョン3.9.4:

最近のプロジェクトファイルと最近の実行データファイルのリストを管理する機能
要求ヘッダーフィールドに標準のhttpヘッダーをすばやく挿入するアクション
基本リクエストウィンドウで追加のhttpオプションがサポートされています
さまざまなUIの改善

バージョン3.9の新機能:

バージョン3.9:

HttpMasterはdpi対応アプリケーションになりました。
改良されたユーザーエクスペリエンスと改良された高dpiレンダリングのためのアイコンが改訂されました。
定義された各パラメーターにURLエンコードの動作を指定するオプション。

バージョン3.8の新機能:

バージョン3.8:

データを投稿するためのリクエスト本体を構築する機能の改善
手動で設定された値でパラメータの初期値を指定するオプション
さまざまな修正とマイナーな改善

バージョン3.7の新機能:

バージョン3.7:

実行前の値をユーザーに入力する新しいパラメーター・タイプ
かなりの視聴者のコードフォールディングと行番号のサポート
CSSを表示するための新しいきれいなビューア
基本リクエストウィンドウでの追加アイテムの簡略化された開き
すべてのプロジェクト要求項目の説明を指定する

バージョン3.6の新機能:

バージョン3.6:

ScintillaNETによって強化されたきれいなデータ表示のための新しい視聴者の紹介。
HTMLレスポンスデータを表示するための新しいビューアです。
生成または取得されたパラメータ値に関数を適用する能力。
グローバル値を簡単に切り替えるには、グローバルURLまたはクエリ文字列に複数の値を指定します。
改善されたアプリケーションオプションウィンドウ。いくつかの新しい設定があります。
高度なリクエストアイテムのプロパティがExpress Editionで利用可能になりました。

バージョン3.5.0の新機能:

バージョン3.5:

既存のHTMLコンテンツからリクエストボディをビルドする
ディスクファイルから値を取得するための新しいパラメータタイプ
プロジェクトパラメータ管理の簡略化されたUI
'フィールドアクション'ボタンで利用可能なハッシュデータアクション
要求/応答表示のフォントを変更する
メインウィンドウの列を非表示にしてサイズをリセットする

バージョン3.4の新機能:

バージョン3.4:

プロジェクトプロパティに資格情報を格納する
完全な認証サポート
URLエンコード/デコードツール
ドラッグ&ドロップによる実行順序の管理
Cookieの改善

バージョン3.3.0の新機能:

バージョン3.3:

httpメソッド(動詞)のサポート
選択したファイルをBase64文字列としてアップロードするオプション
ウェルカムウィンドウの改善
実行データの検索機能

バージョン3.2の新機能:

バージョン3.2:

高度なプロジェクトリクエスト設定
ディスクからプロジェクトファイルをリロードするためのメニューオプション
アプリケーションの再起動の間に保持される列の幅
古いプロジェクトの警告メッセージを表示するアプリケーション設定

バージョン3.1.0の新機能:

バージョン3.1:

特定のパラメータを使用するリクエスト項目のリストを表示する
国際(非ASCII)ドメイン名をサポートするアプリケーション設定
デフォルトでXMLビューアで表示されるコンテンツタイプ 'application / soap + xml'
実行データツールバーで利用可能な「URLをコピーする」および「ブラウザで開く」アクション

バージョン2.7の新機能:

バージョン2.7では



アップロードタイプのマルチパートフォームデータのサポート
実行順序を現在のソート順に揃える
Express Editionでサポートされている「利用可能なアクション」ボタン
レスポンスデータを見るための「Text Viewer」
一時的な実行データの場所を指定する設定
すべてのウィンドウのサイズと位置をリセットする

バージョン2.6の新機能:

バージョン2.6では、


各リクエスト項目の実行順序インデックスを修正
基本リクエストウィンドウから新規プロジェクトを作成する
デフォルト以外の応答データビューアを選択します。
基本リクエストウィンドウでセグメント内のデータを送信します。
実行中の最初のリクエストの遅延時間
ステータスバーに削除されたリクエストアイテムの数

バージョン2.5の新機能:

バージョン2.5が追加されました



単純なインターネット要求の迅速な実行のための基本的な要求機能

2つの連続した要求の間の時間遅延を指定するオプション

最も一般的なHttpMasterアクションに素早くアクセスするための「ようこそウィンドウ」

ダブルクリックで選択したタブを閉じる機能

最近のプロジェクトのリストをクリアするオプション

バージョン2.4の新機能:

バージョン2.4では、



実行ウィンドウで複数の実行項目を開く
実行ウィンドウでの要求項目のドラッグ&ドロップの改善
実行データビューで利用可能なデータエンコーディング情報を要求する
応答ビューアでのJPEGオリエンテーションメタデータの正しい処理

要件:

Microsoft .NET Framework 3.5 SP1以降

サポートされるオペレーションシステム

同じようなソフトウェア

開発者の他のソフトウェア Borvid

HttpMaster
HttpMaster

11 Apr 18

へのコメント HttpMaster Express

コメントが見つかりません
コメントを追加
画像をオンにする!